ニキビ対策に水素水がピッタリ?

健康にも美容にも効果的といわれる「水素水」は、ニキビにも大きな効果を発揮します。水素水が持つニキビをできにくくする効果とニキビを治療する効果、そして効果を高める使用方法についてご説明しています。

 

ニキビをできにくくする水素水

ニキビが出やすい人はニキビを出にくくするために過剰に洗顔をしたり、洗浄効果が強い化粧品を用いたりしがちです。もちろん皮膚にある余計な皮脂を取り除くことで、ニキビ発生を抑えることができます。ですが必要な皮脂も取り除いてしまう為、新たなニキビ生成の原因になります。

 

不要な皮脂を取り除くのは難しいですが、もっとも分子量が小さい「水素」を含む「水素水」を利用すれば、簡単に実現できるんです。一般にニキビ治療薬やニキビ用薬用化粧水には、「ビタミンC」が抗酸化物質として含まれています。これはニキビの原因にもなる活性酸素を取り除くために働く物質なんですね。

 

ビタミンCは活性酸素に働きかけて皮膚の正常化を導きますが、水溶性ですので脂で覆われた細胞膜内には入ることができません。一方「水素」はビタミンCよりもはるかに小さな細胞ですので、油に覆われている細胞膜であろうが他の器官であろうが入りこんで行くことができるのです。

 

過剰な皮脂だけを取りたいと思うなら高価なビタミンC入り化粧水より、水素水でのお手入れが効果的と言えるでしょう。

 

ニキビを体内から抑える水素水

ニキビの原因ともなる「活性酸素」は、毎日多くの数が体内で作られています。活性酸素は体を錆び付かせますので、過剰に生成されると生活習慣病やシミ・しわ・血管の老化などにも影響を与えてしまうのです。

 

発生する活性酸素を抑えるには規則正しい生活を送ることと、出てしまった活性酸素を還元(酸化力を打ち消すために抗酸化物質や活性水素を投入する)することが大事です。

 

活性酸素が出にくい生活とは

活性酸素は生活習慣病の原因とも言われたり老化促進の原因とも言われたりしますので、「悪い物質」「悪役」のイメージが強い物質です。ですが本来は、体を守る免疫機能を活性化する役割を果たしますので、活性酸素の全てが「悪い物質」ではないんですね。

 

「活性酸素」は体を守らなくてはいけない状況、つまり体が危機だと感じる状況で大量に発生します。ストレスの多い生活、喫煙や過度の飲酒などの体に負担をかける生活、不規則な食生活や不規則な生活習慣が、活性酸素を発生しやすい生活と言えるのです。

 

すでに発生した活性酸素を除去するには?

出てしまった活性酸素を還元するためには、抗酸化物質や活性水素を投入することができます。ビタミンCなどの抗酸化物質が豊富に含まれる「生の野菜」や「生のフルーツ」を取り入れることや、水素水のように活性水素を多く含む飲料を摂取することで、過剰な活性酸素を除去することができるのです。

 

できてしまっているニキビは?

同じ論理で、すでに発生してしまったニキビにも水素水の還元力、つまり活性酸素除去能力を活かすことができます。過剰な活性酸素がとりのぞかれると体は若返りますので、代謝能力もアップします。

 

代謝能力がアップすると老廃物が早く排出され、細胞の再生のスピードもアップします。ニキビで損傷した皮膚も、新しい皮膚に生まれ変わりますので、短期間でニキビを治すことにもつながるのです。

 

ニキビ対策と水素水の使い分け

ニキビを出にくくするためには、体の内側からニキビの元となる過剰な活性酸素を除去することが必要です。水素水の活性酸素除去効果は1日程度とも言われていますので、続ける事で効果的に活性酸素の除去ができるでしょう。

 

ストレスの多い現代において、体内で発生する活性酸素の量も増えていると言われています。体に余分な活性酸素を溜めておかないためにも、1日に1リットル〜2リットル程度飲むことがおすすめです。

 

できてしまったニキビを早く治すためには、水素水を飲んで細胞代謝を促すことに加え、化粧水代わりに使用してみましょう。軽くパッティングをしながら塗ることで、より皮膚の奥深くに染み込ませることができます。内側からと外側からのダブルの水素水利用で、ニキビを効率的に治しましょう。