健康や美容のために毎日飲みたい「水素水」。ですが、1回ずつパウチしてある水素水を購入するのは、金銭的にもちょっと厳しい・・・と感じる方も多いでしょう。手軽に家で水素水を作る方法について、探っていきましょう。

水素水の作り方

水素水を家庭で作るためには、水素水生成器もしくは水素水サーバー、もしくは水素水スティックが必要になります。これらの生成器やスティックでの水素水の作り方は、次の3つに分けられます。

  • 1.水を電気分解することで作る
  • 2.マグネシウムなどの金属と水の化学反応で作る
  • 3.電気分解や金属と水の化学反応で発生した水素ガスから作る

 

どの水素水の作り方で水素水を作っても、メリットとデメリットがあります。それぞれの方式でのメリットとデメリットを理解して、ご自分に合った水素水生成法を見つけて行きましょう。

 

電気分解で水素水を作る

電気分解で水素水を作ると水素が大量発生し、水自体が強いアルカリ性になってしまいます。ですから、電気分解によって発生した水素を水の中に閉じ込めつつ、水を体にとって外のない中性に保つ生成器やサーバーがたくさん開発されています。水道に直結させるタイプのものや、据え置き型が販売されています。

 

また、飲用する水を直接電気分解せずに、電気分解用の水から水素を発生させ、飲料に発生した水素を送り込むタイプの水素水生成器もあります。直接電気分解する場合は、ミネラルウォーターや浄水しか水素水とすることができませんが、この別の水から発生した水素を送り込む方式では、コーヒーや紅茶にも水素を含ませることができます。

 

電気分解で水素水を作る生成器やサーバーを購入する際は、水素がどの程度含まれているのかが分かるタイプのものを選ぶことが重要です。目に見えなくても含まれている濃度によっては、確かな効果を得られるからです。工事の要らない据え置き型が人気ですが、決して安くはない買い物ですので、「水素濃度」が分かるものにこだわって選んでください。

 

金属と水との化学反応で水素水を作る

主にマグネシウムを使用することが多いのですが、水とマグネシウムを触れ合わせると水酸化マグネシウムと水素に変化すること応用したのがこの作り方です。

 

水とマグネシウムがどの程度反応するかは、水の温度や他の環境因子にも影響を受けます。電気分解による水素水と比べると、どの程度の濃度の水素水が生成できるかにはばらつきがあります。水素水サーバーや生成器で作ることや、マグネシウムスティックをペットボトルに入れて振って作ることがあります。

 

生成器やサーバーで水素水を作る場合には、水素を発生させるもととなる「マグネシウム」の定期的なメンテナンスや、水素と同時に発生する水酸化マグネシウムの処理に注目して商品を選ぶ必要があります。

 

また、マグネシウムスティックを振って水素水を作る場合には、水素がどの程度含まれているかが測定しにくいです。ペットボトルを開けた瞬間に水素が大気中に放出されやすいこと、水素と同時に発生する水酸化マグネシウムの除去が難しいことが問題としてあげられます。水素水生成器や水素水サーバーを購入するのと比べて、非常に安く水素水を作ることができる方法ですが、これらの問題点を同時に抱えることでもあるのです。

 

水素を水に充てんさせて水素水を作る

水素量が調整しやすい「電気分解」を利用して、発生した水素を水に充てんさせる方式が一般的です。水素ガスを充てんさせるので、牛乳のように粒子が大きい飲み物や、スープのように具剤が入っているものにも使用することができます。機械の中に直接水や飲み物を入れませんので、衛生的にも優れていると言えます。

 

水道に直接取り付けてしまうものもありますが、色々な飲み物にアレンジできるように据え置き型の水素水サーバーが一般的です。呼吸に水素を取り入れる「水素ガス吸入」にも使えるタイプの水素水サーバーもありますよ。