水素水がダイエットに効く理由は?

 

「水素水」と検索すると、ダイエットに関する情報がたくさん表示されます。実際に「水素水」は、ダイエット効果が期待できる飲料です。なぜ、「水素水」でダイエットができるのか、そのメカニズムについて探っていきましょう。

 

エネルギー代謝を活発にさせる水素水

水素には、エネルギー代謝を活発にするホルモンの分泌を促進する作用があります。高濃度で含まれる水素水を飲用すると、エネルギー代謝が活発になる作用が期待できます。

 

本来、体内に取り込まれた脂肪は「タンパク質」に変化(代謝)されることで、体を動かす元となるエネルギーとなります。ですがこのエネルギー代謝がうまく機能していないと、食べ物を体内に摂り入れても脂肪は脂肪としてそのまま蓄積され、体を動かすのに必要なエネルギーは生成されません。

 

当然のことですが脂肪が体内に蓄積されると、体を動かすことにも大変な労力を要するようになり、さらに多くの脂肪が蓄積してしまう「悪循環」に陥ってしまいます。

 

このような「悪循環」に陥る前に、エネルギー代謝を活発化させる水素を取り入れることで、蓄積している脂肪を燃焼させることができます。脂肪が減るということは、まさしくダイエットそのものを意味しますよね。

 

水素水がダイエットに良い理由は、エネルギー代謝を活発にするからなのです。

 

痩せやすい体質へと遺伝子スイッチを切り替える水素水

同じものを食べても、太りやすい人と太りにくい人がいます。なぜ、そのように差が出るのでしょうか?人間の「体質」と呼ばれるものは、生活習慣や食べ物などからも決定しますが、本来体に備わった「遺伝子」によって多くが決定されています。

 

痩せやすい遺伝子を持つ人は、同じ量を食べても代謝がスムーズに行われますので太りにくく、反対に太りやすい遺伝子を持つ人は、そんなに多くの量を食べていなくても代謝が行われにくく脂肪を体内にため込んでしまいます。

 

ダイエットの見方と言ってよい「痩せやすい遺伝子」は、より厳密に言うならば「脂肪をタンパク質に代謝させる遺伝子」です。水素水はこの「脂肪をタンパク質に代謝させる遺伝子」のスイッチをオンにする働きをするので、水素水を飲むことで痩せやすい体質になることが可能なんですね。

 

水素水が「脂肪をタンパク質に代謝させる遺伝子」のスイッチをオンにすると、その効果は約1日持続すると言われています。いつまでも痩せやすい体質でいたいのなら、定期的に水素水を飲み続ける必要があるのです。