水素水と下痢・便秘の関係性

飲み始めてすぐに下痢になる場合は好転反応

水素水には、腸内の不要物を効果的に排出させる「腸内環境改善効果」があります。人によってはこの効果が強く出過ぎてしまうため、飲み始めてから数日〜数週間くらい下痢が続くことがあるそうです。

 

この反応は一過性のものですので、水素水摂取をやめたりせず様子を見ていきましょう。人によっては吹き出物が出ることもありますが、これも下痢の症状と同じく体内の老廃物を一挙に排出するために起こる現象ですので、過度に心配する必要はありません。

 

下痢がおさまると肌の調子も良くなります。良い腸内環境を保つ習慣の一つとして水素水を続けていきましょう。

 

量を飲み過ぎて下痢になることも・・・

一日に飲み物として1リットル〜1.5リットルの水を飲むことが、健康増進やダイエットのためには推奨されています。ですが、普段あまり水分を大量に摂取する習慣が無い人が急激に水分を摂取すると、下痢になってしまう場合があります。

 

水分を飲みなれていない方は、徐々に量を増やす等の工夫をしましょう。飲みなれていないために下痢になった場合も日が経つにつれ体が順応しますので、特別な処置は行う必要はありません。健康のためにも、一日1リットル〜1.5リットルの水を飲む習慣をつけましょう。

 

水素水で便秘予防も

水素水を飲み続けることで便秘になりやすくなるというようなことはありません。水素水は腸内環境を整えるので、便秘予防や便秘解消に効果を発揮します。毎日快適に排便を行うためにも、水素水は効果的なんですよ