携帯できる水素水サーバーの徹底比較!

 

水素水サーバーには、蛇口に取り付けてしまうものや据え置き型などのように家庭で使用するタイプと、手軽に持ち運べる携帯タイプがあります。水素水は水素が逃げやすいという特徴がありますので、理想的には作りたてをすぐに飲むのが一番です。

 

作りたての水素水がいつでも飲める携帯タイプの水素水サーバーの中で、人気の4種の性能と小売価格を徹底的に比較してみました。

 

マイカップYOUME

充電式ですので、外出先でも手軽に水素水を作れる「マイカップYOUME」。「マイカップYOUME」の特徴と操作方法、使用や価格について探って見ましょう。

 

充電回数が少なくて済む

一回の充電で200回水素水を生成することができますので、一日一回使用するならば、半年以上充電する必要がありません。省電力ですので、経済的にもエコロジーの観点でも優れているのが「マイカップYOUME」です。

日本成人病予防協会からも推奨

携帯用でもしっかりと水素を発生し、高濃度の水素水を生成しますので、毎日飲むことで効果が見えるのが「マイカップYOUME」の長所とも言えます。体内の活性酸素を取り除くことで成人病(生活習慣病)のリスクを減少させますので、日本成人病予防協会などの学会からも推奨商品として指定されています。

 

水素ガス滞留量が60ppm以上

一回当たり350mlの水素水を生成する「マイカップYOUME」ですが、発生させた水素を水素ガスとして水に閉じ込めます。水素ガス滞留量が60ppm以上、水素イオンとしても0.2ppm以上含まれる高濃度の水素水を作ります。

 

マイカップYOUMEの操作方法

充電池に水を入れたカップを置くだけで、350mlの水を約1分で水素水にすることができます。グラスの部分は直接口をつけますので、使用ごとに洗浄する必要がありますが、本体部分は10年間電極取り換えも不要でメンテナンスも不要です。専用のカートリッジは、約9カ月に一回摂り替える必要があります。

 

マイカップYOUMEの仕様と価格

高さ27cm、重さ1.6kg(本体1.1kg、カップ0.5kg)の携帯用水素水サーバーの「マイカップYOUME」。小売価格は100,000円(税抜き、2015年9月時点)です。専用のポーチもありますので、どこでも手軽に持っていって、新鮮な水素水を楽しめます。

 

マジックシェイク

ペットボトルにドッキングさせて水素水を生成できますので、いつでもどこでもミネラルウォーターさえ手に入れば水素水を楽しむことができます。マジックシェイクの特徴と操作方法、仕様と価格についてご説明いたします。

 

ペットボトルに直接付けられる

ペットボトルに直接取り付け電源を入れるだけで、わずか3分間で水素水を作れるのが「マジックシェイク」の特徴です。好みのミネラルウォーターを使うことができますので、日によって銘柄を変えたりすることも可能です。充電式ではなく乾電池式ですので、単四電池3本を入れて使用します。

 

お洒落にもこだわっている

持ち運びできるということは、多くの人の目が触れるということでもあります。マジックシェイクは見た目にもこだわっていますので、持ち物もお洒落でありたい方も満足して使用できます。ラインストーンが埋め込んであったり、カラーもパールホワイト、パールピンク、ホワイト、ブラック、ゴールドと5色展開になっていたりと、細部までこだわっているのが「マジックシェイク」の特徴です。

 

中性の水素水を生成できる

電気分解によって水素水を生成する場合は、水素が気体となって空気中に放出されやすくなり、水自体は強アルカリになって飲用に適さなくなってしまうことも少なくありません。ですが、「マジックシェイク」独自の製法で、生成した水は中性に保たれ、ミネラル量もそのまま水素水に保たれます。安全性にもこだわっているのが、「マジックシェイク」なのです。

 

マジックシェイクの操作方法

ペットボトルのキャップを外し、マジックシェイクの電極棒をペットボトルに差し込んで、固定します。しっかりと取りつけられているのを確認したら、電源ボタンを押せば、3分後には高濃度の水素水が出来上がります。単四電池3本で約30回使用できます。使用ごとに電極棒を水洗いするだけで、メンテナンスの必要はありません。

 

マジックシェイクの仕様と価格

高さ21.2cm、重さ320gの超コンパクトタイプです。500mlのペットボトルを3分で水素水に生成します。希望小売価格は28,381円(税抜き、2015年9月時点)ですが、オンラインショッピングサイトなどでは15,000円程度で販売されています。

 

ポケット

テレビや雑誌での露出の多さや、芸能人やセレブたちが使用していることでも話題の「ポケット」。水素水サーバー「ポケット」の特徴と操作方法、仕様と価格についてご説明いたします。

 

オートクリーニング方式で10年間メンテナンス不要

内部にある水素発生リングは、独自のオートクリーニング機能で、メンテナンスなしに10年間初めの水素発生効果を維持します。他の部分も簡単に分解掃除ができますので、いつも清潔に使用することができます。

 

優れたデザイン性

ルックスの美しさも「ポケット」の特徴の一つです。ボトル部分が美しい濃いブルーですので、水素を発生させている間も幻想的な光景が展開します。

 

コストパフォーマンスが高い

1回の充電で40回〜50回程度水素水を生成することができます。充電には3時間程度かかりますが、電気代はフル充電で2円ほどしかかかりません。消耗部品はありませんが、バッテリーは通常の使用で3年に1度交換することがおすすめです。

 

ポケットの操作方法

上部のふたを取ってミネラルウォーターを入れ、キャップをしっかりと閉めたのを確認してボタンを押します。ボタン一回で10分作動して水素水を生成しますが、より高濃度の水素水を飲みたい場合はボタンを2回押して20分作動させます。そのまま口を付けて飲みますので、使用ごとに洗浄する必要があります。

 

ポケットの仕様と価格

高さ18.6cm、重さ200gと超軽量ですので、スポーツクラブや普段のお出かけにも負担なく持ち運びができます。小売価格は50,000円(税抜き、2015年9月時点)です。

 

My神透水ボトル

某著名医学博士が推奨したことでも人気になっているのが、「My神透水ボトル」です。「My神透水」にはサーバータイプとボトルタイプがあり、持ち運びできる利便性からボトルタイプが特に注目を集めています。「My神透水ボトル」の特徴と操作方法、仕様と価格についてご説明いたします。

 

国内初の充電式水素水サーバー

水素水が体に良いことが分かっていても、すぐに水素が大気中に出てしまうと言う特性上、いつでも高水素濃度の水素水を飲むことはほぼ不可能と考えられていました。ですが、「My神透水ボトル」が現れたことで、いつでも作りたての良質の水素水を飲むことが可能になったのです。国内初の充電式水素水サーバーが「My神透水ボトル」なのです。

 

健康な人のpHに近い水素水

電気分解で生成する水素水は、含まれる水素が水素ガスとなって大気中に漏れ出てしまうことが多く、アルカリ性に傾いてしまうと言う弱点がありました。ですが、「My神透水ボトル」は独自の製法で、電気分解を用いても中性の水素水を作ることができます。健康な人のpHに近い水素水ですから、安全性においても申し分がありません。

 

一度の充電で複数回使用可能

一度充電すれば6回〜12回使用することができますので、スポーツやハイキングなど外出先で何度も水分補給する際にも、問題なく使用できます。「My神透水ボトル」は小型で軽量タイプですので、どこでも気軽に持ち運びが可能です。

 

My神透水ボトルの操作方法

水を入れてボタンを押すだけで、10分で高濃度の水素水を生成できます。しっかりとふたをすれば、2〜3回に水素水を分けて飲むことも可能です。ガラス部分は使用ごとに洗浄する必要があります。また、水素濃度が高い水素水を継続して生成することができるように、1年〜1年半ごとの定期メンテナンスが推奨されています。

 

My神透水ボトルの使用と価格

高さ19.7cm、重さ200gで、まさに携帯に適したサイズの水素水サーバーです。付属品としてハンディーポーチがつきますので、ボトル部分を傷つけずに持ち運びすることが可能です。小売価格は30,370円(税抜き、2015年9月時点)です。